【野口のお悩み解決!】マネジャーなぜなに物語

●はじめに

 この物語は、架空の広告代理店「株式会社アド・ナンデモ・エージェンジー」営業部門に勤務する管理職一年生、実直真司(32才)がマネジャーとしてデビューし、奮闘しながら日々成長していく、実際にあったマネジャー育成事例をベースにしたフィクションです。

野口明美が、営業部門の新人管理職育成を目的としたコンサルティングをスタートしたところから1年間、実直くんをサポートしてきた記録を物語にしています。
 果たしてどのような問題(トラブル)が彼を待ち受けているのか、野口の出した解決策は……それは、ぜひ、この物語を読んで確認してください。

●彼の名前は、実直 真司

こんにちは! 株式会社営業会議の野口です!
今日から私は「株式会社 アド・ナンデモ・エージェンシー」の営業3課にコンサルティングに入ることになりました。
その営業3課の新人マネジャーの名前は、実直 真司(さねなお しんじ)くん。大学卒業後、広告代理店に就職、そして10年目の春をマネジャーとして迎えたようです。同期の中で一番早くマネジャーなったのは良かったんだけど、相談できる同期がいない中、彼はどのようにマネジャー職を全うしていくのか……、気になりますよね。

 No.1のチームを作ろう! という意気込みを持っているとのこと、彼は立派なマネジャーに成長できるのでしょうか? ではでは、物語の始まりです……。

●登場人物

登場人物はこちらをクリック


●本編

『第1話 チーム作りと活発なミーティング』はこちらをクリック
『第2話 就業後はプライベートの時間』はこちらをクリック
『第3話 気持ちと仕事』はこちらをクリック
『第4話 値引きしないといけない……本当にそうですか?』はこちらをクリック
『第5話 みんなに共通の未来を見せるのがマネジャー』はこちらをクリック
『第6話 営業ツールをうまく活用すれば……』はこちらをクリック
『第7話 部下が動くようにするのも管理職の仕事』はこちらをクリック
『第8話 プレゼンターの心構え』はこちらをクリック
『第9話 能動的なマネジャーになろう!』はこちらをクリック
『第10話 いつまでも初々しい気持ちで』はこちらをクリック
『第11話 上席者のあり方』はこちらをクリック
『第12話 自分の価値とは』はこちらをクリック
『第13話 ビジネスとSNS』はこちらをクリック
『第14話 プライベートとビジネスの距離感』はこちらをクリック
『第15話 ラストスパート! のはずが……』はこちらをクリック
『第16話 それでも明日は必ずくる』はこちらをクリック