研修プログラム一覧〜プログラム名と簡単な内容の説明〜
DiSC 研修
DiSCモデルは、その人の行動を測定し、人を否定的に判断しない4つの行動特性(D,i,S,C)をもって、行動の特性をさぐる共通言語としている。
弊社では、この理論を活用し、職場での上司・部下の関係や、営業先と担当営業マンとの関係を、相手の行動特性を踏まえた上で、資料提示の仕方・説明の仕方などロープレ実習を通じて、理解を深め、さまざまな立場での効果的な行動を学習するプログラムです。
アサーション研修
アサーションの発祥はアメリカで、1950年代に行動療法と呼ばれる心理療法の中から生まれました。当初は自己主張が苦手な人を対象としたカウンセリング技法として実施されていた理論を、社会生活の中で、交渉場面・自己主張の場面で活用したトレーニング手法です。弊社が実施する研修では、現実に葛藤が起こった場面を題材とし、どのような交渉・主張を行うことが、お互いの理解の上でよりよい関係が築けるかを体感できるプログラムとなっています。
相手も自分も大切にするコミュニケーション方法を習得できます。
ダイバーシティ・マネジメント研修
女性・ゆとり教育世代・帰国子女・海外採用者など、様々な世代や状況の部下を抱えることが多い現代。管理職は、多様な人材、あるいは人材の多様性を活かす事ができるマネジメントが求められています。それぞれの特徴に応じた部下への関わり方を習得していただくプログラムとなっています。
メンター・メンティ研修
メンターとは先輩社員、メンティとは新人・若手社員のことを言います。
メンターがメンティを支援(面談・アドバイス・指導)することを通じて、互いに能力や技術を高めあう制度(メンター・メンティ制度)の構築と導入指導を行うプログラムです。組織が一体となって、チームとして仕事に取り組む指導を行います。
フォロワーシップ研修
チーム力UPのために、リーダー以外の人間(=フォロワー)という立場の方々がどのように、リーダーに影響を及ぼし、どう、行動し、サポートしていきながら自分自身が、リーダーの良き共働者として活躍できるかを考えるプログラムです。
まずは、チームや組織の中において日頃のご自身の立ち位置理解を行うことから始めます。最終的には、リーダーを支える部下(フォロワー)の力を活かし、組織としての成果を最大化することを習得していただきます。
TA【交流分析】
TAとは、Transactional Analysisのこと。日本では「交流分析」と呼ばれている。精神科医のエリック・バーンが創設したパーソナリティ理論。この理論を理解し、会社・家族・友人との関わり方を理解し、よりよい関わり方を学ぶ内容。
  1. 自己分析:自分自身のあり方、他人との関わり方のパターンを理解する方法
  2. やりとり分析(交流分析):2人の間に起きていることを理解する方法
  3. ゲーム分析:不快感をもたらす特定の交流のタイプを理解する方法
  4. 脚本分析:個人の今後の人生設計を立案し、再決断を行う方法
セクシャルハラスメント/パワーハラスメント
ハラスメント(嫌がらせ・いじめ)は自身の意図は関係ありません。セクハラとは?パワハラとは?正しく理解した上で、セルフチェックし、発生を予防する研修プログラムです。
マネジメント
チームや組織に与えられた目標を達成するために、人材・活動スケジュールなどをバランスよく調整し、全体の進捗状況を管理する手法を学んでいただけるプログラムです。
営業基礎力プログラム
営業に求められる基礎能力を一から指導し、営業活動を効果的に行えるように指導・サポートします。
(営業に求められる3つの基礎能力)
  • リレーション構築力
  • 顧客ニーズヒアリング力
  • 状況対応能力
営業応用力プログラム
営業基礎プログラムを学んだ上で、実践に基づいた作成課題をもとに、ロールプレイング形式で営業手法を習得していただくプログラムです。
カスタマイズした実在課題をテーマに進めていきますので、それぞれの営業現場ですぐに実践できる手法が満載です。