「言葉」にしよう!

普段からご自分の”気持ち”を素直に「言葉」で表現できていますか? 彼女彼氏には「大好きだよ」、 パートナーには「愛してる」、 両親には「ありがとう」、 お友達には「親友でいてくれて嬉しい」など。 ちょっと照れくさいけれど、「言葉」にして伝えることで相手には気持ちが伝わりますね。 表情や態度で示して後は相手に理解してください・・・では伝わりにくいものです。 営業でも同じことが言えます。 お客さまから提案を受け入れてもらえなかった時、 お客さまに見積りを見て「無理だわ」と断られた時、 「わかりました」で終わらせてませんか? 逆に、提案を受け入れてくださった時、 発注をもらえた時、 「ありがとうございます」で終わらせてませんか? あなたの気持ちを言葉で伝えてみましょう! 野口が動画で詳しく解説しております。

営業カバンの置き方

営業や商談でお客さまのところで面談する際、 あなたの営業カバンはどこに置いてますか? 一度、振り返ってみてください。 何気ない営業マンの行動はお客さまが受け取る印象の良し悪しにつながります。細かな事ですが注意して信頼してもらえる営業マンになりましょう! 野口が動画で詳しく説明しております。 ご覧ください。

何度も同じ質問をしてくる部下

悩める管理職の方からご相談を受けました。 同じ思いをされた管理職の方、多くいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろん、管理職としてはその部下に指導をしなければいけません。 そして指導方法に正解、不正解がある訳ではありません。 ですが、指導の際に気を付けなければいけないポイントがあります。 野口が解説しております。 ご覧ください。

思い込みを覆す対応。

公的機関は対応が悪い!という思い込みが強かったですが、なかなかのレベルでした。過去の悪い対応が思い込みを生み、強固な記憶として残っていますが、公務員の対応も部署、環境によるのでしょうが、UPされています。民間企業の方がかなり劣ることも多いかもです。

何よりの財産ですよ。

どれだけ、地位や名誉、お金があっても、人間は、自分のことを認めてくれたり、話を聞いてくれる人がいないと、本当に孤独です。ゲームに熱中することもいいのですが、日ごろから、きちんとお話ができる交友関係を構築しておきましょう。あなたの財産ですよ。

営業マネージャーから質問メールいただきました!

営業マネージャーから質問のメールをいただきましたので 野口がお答えいたします。 入社4年目の部下についてお困りの様です。 4年目なのですが、いまだに報告書の出来がひどい内容だそうです。 どのように指導、アドバイスすれば良いかお悩みとのこと。 野口が動画で解説しております。 ご覧ください。

商談中の名刺の置き方

前回、商談中の名刺の置き方についてお伝えしました。 今回はその名刺を商談中に見る時の注意点をお伝えします。 野口が悪い例も取り入れて実演、解説しております。 是非、ご覧ください。

名刺の置き方

面談や商談の最初に名刺交換をしていただいた名刺は 商談中はテーブルに置いておきますよね。 その際の置き方について、解説しております。 マンツーマンの時は名刺入れを座布団にしてその上に置いておけば良いのですが、 名刺交換した相手が2名以上いた場合はどの様に置くのが良いでしょうか。 野口実演しております。是非ご覧ください。