魔法の言葉

あなたにとって「魔法の言葉」は何でしょうか? 野口は「ありがとう」が魔法の言葉だと思っています。 言われたら嬉しいですし、感じが良い印象を受けますよね。 最近、おじ様方が魔法の言葉としてある言葉を使っているのをよく耳にします。 それは「あ、これセクハラちゃうから」です。こらこら! この一言で前の言葉が全て帳消しになると思っているのです。 魔法の言葉ではありませんよ。 皆様の素敵な”魔法の言葉”あったら教えてください。

「お役にたつ」について考える Part2

”お役に立つ”ことについて、周りの方々と一度ブレストしてみてください。 様々な意見が出ると思います。小さなことから大きなことまで、 あなたが”お役に立てる”範囲を広げてみてはいかがでしょうか。 野口は、お客さまにアポイントを取る時、 お客さまのお役に立てるよう「ある工夫」をしております。 詳しくは動画をご覧ください。

「お役にたつ」について考える Part➀

営業をされている方、営業マネジメントをされている方、 皆様は「お客さまのお役に立つ」事を考えて、日々営業されていらっしゃると思います。 では、お役に立つとはいったい、どういう事なのでしょうか? お客さまの無理な要望に沿うことでしょうか? お客さまからの厳しい態度に耐えることでしょうか? 今一度、商品やサービスを通じてお客さまに満足してもらうためにあなたができることを考えてみてください。野口が動画で詳しくお伝えします。 ご覧ください。

指示・指導の際は確認が必要です!

管理職・マネージャーの皆様、部下に指導・指示をする時に指示・指導だけで終わっていませんか? 指示・指導だけで終わっていたら、部下はそのままの言葉や態度で相手に伝えてしまいます。 必ずどんな風に伝えるの?と、確認してみてください。 野口が詳しく動画で解説しております。 ご覧ください。